医者と看護師と患者

躁鬱病概要

私の双極性障害の症状について。

躁鬱病とは、気分が極度にハイになって周りに迷惑すら与えてしまう「躁状態」と、鬱屈な気分になって何もかも投げ出したくなる「鬱状態」を交互に繰り返す精神疾患、気分障害のことです。躁鬱病は昔の呼び名で、今も躁鬱病といってだいたい通じますが、医学の現場では両極端な症状が現れることから「双極性障害」と呼ばれています。双極性障害は、詳しい原因が分かっておらず、なんらかの遺伝子の異常が関係していることは分かっていますが、具体的にどのような過程で発症するのかは解明されていません。ただ、脳に異常があることが原因の多くを占めると考えられており、こころの病気というよりは、体の病気だと考えることができます。双極性障害を発症する際には、まず鬱状態から始まるケースが多いとされています。最初は鬱状態が数回続き、躁状態がすぐには現れないケースも多いため、周りからは鬱病だと疑われる可能性がありますが、鬱病と双極性障害は違う病気なので、注意が必要です。また、鬱病と同様、本人の性格や怠けだと勘違いされて見放されるケースも考えられますが、そうではない可能性をしっかり考えてあげることが大切です。そして、躁状態と鬱状態を入れ替えて繰り返すことが最大の特徴です。つまり、気分が落ち込んでいるだけではなく、異様に気分が高ぶる期間もあり、その間本人は「とても調子がいい」ように感じますが、周りからは明らかに「あいつおかしい」という感じが見て取れます。ただし、周りからもただの気分の違いと捉えられてしまう程度の「軽躁状態」もあり、個人によって程度の差があります。

病気の治療について。

私は現在双極性障害と診断され心療内科の病院に通院して治療を受けています。私の双極性障害の症状や治療についてお話します。まず双極性障害とはどのような病気かと言いますと、気分がガクンと落ち込んだり逆に気分が急に良くなったりと、気分の浮き沈みがある病気のことを言います。症状がうつ病と似ていることもあり、診断もうつ病と診断されることもあります。私の場合もこの双極性障害と診断される前はうつ病と診断されていました。ただうつ病の場合は気分の浮き沈みは無く、常に気分が落ち込んだ状態が続く場合がうつ病となります。その点私は基本気分が落ち込んだ状態が長く続きますが、少し経つと急に行動していることもあるので双極性障害と診断されています。

私のこの双極性障害の症状は、特に気分の浮き沈みが激しく気分が極端に高ぶることはあまりありませんが、気分が落ち込んだ時は人と会うことが嫌になってしまい、家から一歩も出ることが出来ず一日中家の中で寝たきり状態となっています。この寝たきり状態の症状は長い時で一ヶ月から二ヶ月続くこともありました。今では少し改善されましたが、発病当初はこのような気分の浮き沈みが激しい状態が続きました。またこの双極性障害の心療内科の病院での治療は、精神安定剤と抗鬱剤と睡眠導入剤の薬による治療が行われました。薬を飲みますと気分が高まることはあまりありませんが、少し気持ちは落ち着き安定はします。今でも私は心療内科の病院に通院して治療を受けています。

  • 躁状態の危険性

    泣いている女性

    双極性障害のうち、躁状態の症状が強く現れるタイプを双極1型障害といいます。これは入院が必要なケースで、放っておくと、本人も気付かないうちに周りに迷惑ばかりかけてしまうことになります。

    詳しく読む

  • 軽躁状態について

    躁状態の症状がそれほどひどくない双極性障害を、双極2型障害といいます。この場合は軽躁状態といわれ、躁状態と変わらない症状が現れますが、その程度は軽微なものです。

    詳しく読む

  • 鬱状態

    双極性障害の症状で躁状態と対極をなすのが、鬱状態です。様々な症状が一定期間毎日続くようなら、鬱状態と診断されます。双極性障害の場合は躁状態からの落差もあるので、より危険性が伴います。

    詳しく読む

  • 治療法

    双極性障害の症状が出ると、基本的には投薬治療が行われます。代表的な薬品はリチウムですが、他にもいろいろな薬があります。また、本人が病気のことを知るための心理療法も大切です。

    詳しく読む