ハート型の置物を持つ看護師

治療法

投薬

双極性障害は育ってきた環境、周りからのストレスなどが原因で発症するケースもあると考えられていますが、基本的には脳の障害だというのが大方の見方ですので、カウンセリングなどよりは投薬治療の方が有効だと考えられています。薬は、難治性のてんかんや統合失調症に対して使用される薬などが有効だと考えられていますが、双極性障害の症状に最もよく使われるのは「リチウム」です。リチウムには躁状態と鬱状態の両方を抑制する働きがあるばかりか、予防効果もあり、また自殺したいという気持ちにも有効だとされています。ただリチウムの場合には、手が震える、食欲が衰える、のどが乾くなどの副作用が出るため、血中濃度をよく見ながら摂取する必要があります。リチウムでは副作用が多く出てしまうという場合には、バルプロ酸、カルバマゼピンなど他の薬を使用するか、心理療法を行うかなど別の方法が取られます。気をつけたいのは、双極性障害は症状が似ているとはいっても鬱病とは違う点です。そのため抗鬱剤では効果が薄いばかりか、逆に躁状態の程度や切り替わりの落差を強めてしまうなどの悪影響が心配されます。

心理療法

双極性障害の症状を改善するためには、基本的には投薬治療が行われ、心理療法だけで進められることはありませんが、患者自身が病気や自分のことを知るために、心理療法は重要な治療法のひとつです。患者はまず双極性障害という病気や症状について、特に症状が現れたときの特徴について知る必要があるので、医師と一緒に学習していきます。また、家族や親しい同僚など近くの人と情報を共有することも大切であり、規則的な生活を送り、余計なストレスを取り除くのも有効な対策のひとつです。