ハート型の置物を持つ看護師

軽躁状態について

うつ病とともに注目される双極性障害

双極性障害の症状は鬱状態以外にも躁状態があることが最大の特徴ですが、躁状態の程度によって、種類を2つに分けることができます。ひとつは躁状態がひどく、入院などが必要になる双極1型障害で、もうひとつは、躁状態がそれほどまではひどくないパターンの「双極2型障害」です。双極2型障害の場合は、「軽躁状態」と呼ばれます。双極性障害の軽躁状態の症状は、基本的には躁状態と変わりません。ほとんど休みを取らずに動きまわることができ、雄弁になり、仕事や勉強に積極的になりますがすべてとっちらかった感じになります。しかしその程度が軽く、周りがそれほど迷惑には感じない、「たまたま今日は調子がおかしい」と思ってしまう程度に落ち着いている場合に軽躁状態だと診断されます。躁状態の症状が現れる双極性障害の場合でも周りが「双極性障害だ」と気付くのは意外と難しいのですが、比較的容易です。対して軽躁状態の場合は症状が軽いため、より周りが発見しづらく、結果的に症状が悪化してしまう危険性があります。また、本人はただ気分がいいだけというのは躁状態の症状と変わらず、本人が軽躁状態のときに自分で病気に気付くことはまずないと思っていいでしょう。さらに、症状が軽微だとはいっても集中力散漫になり、周りにとってよくないことを引き起こしかねないのは変わらないので、本人の社会的な生命が脅かされているという状況にも変わりはありません。ただやはり双極性障害の躁状態の症状の中では軽微な方なので、入院やカウンセリングは必要ないケースが多く、投薬によって精神の安定を得ることは十分に可能です。

病気の症状を改善するには

近年、双極性障害といううつ病に似た病気が注目されています。この双極性障害とは、気分が高揚する躁状態と、意欲が低下してしまう「うつ」状態が交互に繰り返される症状のことです。 まず、躁の症状になると、周りから見ると異常なほどの気分の高揚が持続します。患者本人は「自分はすごい」という気持ちが強くなる傾向にあります。その反対に、うつ症状になると、著しく気分がひどく落ち込み、憂うつな状態が長期にわたって続きます。うつの時には、自分が今まで好きだったものにまったく興味が持てなくなります。また、食欲不振や不眠にもなります。 この双極性障害は、100人に1人位しかかからない病気とされています。よって、誰でもなりうるうつ病とは種類が異なります。

双極性障害の症状を改善するには、早期に病院で治療をする必要があります。ですが、双極性障害の患者はとても調子が良いと感じるケースが多く、なかなか病院に進んで行こうとはしません。なので、治療に結びつけにくいという問題があります。 病院での双極性障害の治療は、躁とうつの波を小さくすることが治療目標となります。そのための治療に使う薬は、双極性障害では主に「気分安定薬」や「抗精神病薬」が処方されます。これらの薬を毎日決まった量を服用することで、症状が改善します。 双極性障害の注意点は、いったん治っても、放っておくと数年以内に再発することです。よって、双極性障害を完全に治すには、生涯にわたって病院で治療を受ける必要があります。